健康のために、薬は飲み方を知っておきます。1度に2回分などはよくありません。30分がキーポイントです。

健康のためには薬の飲み方を熟知しよう
健康のためには薬の飲み方を熟知しよう

健康のためには薬の飲み方を熟知しておく

健康のためには薬の飲み方を熟知しよう
朝ごはんを食べない人がよく言うことととして、昼ごはんと朝ごはんを一緒にしているとのことです。だから、朝ごはんは必要ないとのことです。実際に内容を同じにしているかどうかはわかりませんが、朝に食べ忘れたものを、昼に一緒にとることはあるかもしれません。この事については、良いかどうかは食べられるかどうかになるでしょう。朝も昼もある程度の量の食事をするなら、それだけの量を一度に食べるのは大変です。その分胃腸にも負担がかかることになります。できれば分けたほうが良いのかもしれません。薬においてもこのようなことはあります。朝に飲む分を忘れてしまいました。昼に飲むことになっているので、そのときに飲めばいいと思うことがあります。

健康のことを考えると、2回分を1度に飲むのはよくありません。ですから、忘れた場合には、仕方がないのでその回を飛ばすようにします。でも、次に飲むまで時間があるときに思い出すことがあります。7時に飲むはずが、9時に思い出して、次に飲むのが13時ぐらいの時です。この時は、思い出した9時頃に飲めばよいそうです。これが12時30分ぐらいに思い出したなどだと、近すぎるので13時に1回分飲むようにします。それぞれにおいては、一定の作用がありますから、用量は間違えないようにします。1粒でよいのに2粒飲んでしまうと、2倍の効き目があるものが体に入ることになります。それでも、2倍良くなるスピードが早くなるわけではありません。

食前に飲むのか食後に飲むのかがあります。また、寝る前に飲むものがあります。この時、30分を覚えておくと良いです。食前に関しては、食べる30分前、食後は食べてから30分後、寝る前は寝る予定の時間から30分前に飲むようにします。それによって、様子を確かめることが出来ます。問題がなければ、そのまま飲めばよいですし、問題がでているのであれば、直ちに医師に相談します。内容が強すぎたりすることがあります。